スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野市のアオイスミレなど

      3/24 日野市方面にアオイスミレを探しに行ってみました。

      アオイスミレはこの辺りでは早く咲くすみれの一つなので、今年の状況はどうか
     と思い行ってみました。

      昨年よりは少し遅い状態でしたが、だいぶ咲いてきていました。


                          アオイスミレ(スミレ科)
        菫アオイスミレ140324 (8)

        菫アオイスミレ140324 (21)



      アズマイチゲやヒメオドリコソウも見られました。

                         アズマイチゲ(キンポウゲ科)
        アズマイチゲ140324 (18)



                         ヒメオドリコソウ(シソ科)
               ヒメオドリコソウ140324 (31)



      その他に見られた樹の花などです。

      ニワトコはまだ蕾でした。

                         ニワトコ(スイカズラ科)
               ニワトコ140324 (3)



                         ツノハシバミ(カバノキ科)
        ツノハシバミ140324 (2)



                        アブラチャン雄花(クスノキ科)
               アブラチャン雄花140324 (4)



      民家の庭にトサミズキが咲いていました。

                         トサミズキ(マンサク科)
               トサミズキ140324 (33)
スポンサーサイト

霧ヶ峰方面-1(サクラスミレなど)

      6/3 霧ヶ峰方面にサクラスミレなどを見に行ってみました。

      この日に見たものを2回に分けて載せていきますが、今回はサクラスミレなどです。

      サクラスミレはよく咲いていましたが、少し遅かったのか昨年よりは少ないように
     思えました。

                     サクラスミレ(スミレ科)
            菫サクラスミレ②130603霧ヶ峰 (5)S済

            菫サクラスミレ③130603霧ヶ峰 (120)S済



      キバナノコマノツメは見頃でした。

                    キバナノコマノツメ(スミレ科)
    菫キバナノコマノツメ130603霧ヶ峰 (5)S済


      小さな株でも頑張っていました。

                   キバナノコマノツメ(スミレ科)
            菫キバナノコマノツメ130603霧ヶ峰 (3)T済、S済


      サンリンソウと並んでいました。

                   キバナノコマノツメ(スミレ科)
            菫キバナノコマノツメ②130603霧ヶ峰 (4)S済



      タチツボスミレはお終いのようでしたが、こちらはオトメスミレのようでした。

                     オトメスミレ(スミレ科)
            菫オトメスミレ130603霧ヶ峰 (5)S済



      他にはアカネスミレやツボスミレなどが見られました。

                     アカネスミレ(スミレ科)
            菫アカネスミレ130603霧ヶ峰 (3)S済



      ツボスミレが見られましたが、葉の丸いものが多いようでした。

                      ツボスミレ(スミレ科)
            菫ツボスミレ130603霧ヶ峰 (2)S済



      今回はシロスミレも見たかったのですが、見られませんでした。

      オオミズアオが見られました。

                       オオミズアオ
            蛾オオミズアオ130603霧ヶ峰 (110)S済



      こちらはノビタキ♂でしょうか。

                        ノビタキ♂ ?
            鳥ノビタキ?130603霧ヶ峰 (8)T済、S済



      この他に見られたものは次回にいたします。

南高尾方面のコミヤマスミレ

      5/9 南高尾方面にコミヤマスミレを見に行ってみました。

      昨年、群生していたところに行ってみましたが、今年は昨年ほどでは
     なく、しかも少し遅い状態でした。
      一昨年の群生地にも行ってみましたが、こちらではほとんど見られ
     ませんでした。
      やはり、すみれも毎年同じように見られることはほとんどないようです。
     時々群生が見られるのは、環境やその他の条件などが揃ったときなので
     しょうが、今年は高尾山ではヒナスミレがたくさん見られたようです。

                     コミヤマスミレ(スミレ科)
            菫コミヤマスミレ①130509南高尾 (16)S済

            菫コミヤマスミレ②130509南高尾 (16)S済



      ツボスミレの白花品をシラユキスミレというそうですが、今年も見られました。

                     シラユキスミレ(スミレ科)
            菫シラユキスミレ130509南高尾 (16)S済



      こちらはツボスミレ(ニョイスミレ)です。

                      ツボスミレ(スミレ科)
            菫ツボスミレ130509南高尾 (52)S済



      クワガタソウがあちこちに見られました。

                   クワガタソウ(ゴマノハグサ科)
            クワガタソウ130509南高尾 (2)s済



      タチガシワですが、風で揺れて大変でした。

                    タチガシワ(ガガイモ科)
            タチガシワ130509南高尾 (5)s済



      この時季のツチアケビの状態を見てみましたが、ちょうど芽が伸びてきた
     ところで、白いアスパラガスのように見えます。

                      ツチアケビ(ラン科)
            蘭ツチアケビ130509南高尾 (2)S済



      今年はすみれの花は早かったので、コミヤマスミレも早かったようです。

三頭山のナガバノアケボノスミレなど

      4/23 再び三頭山に行ってみました。

      今回は、数年前から三頭山でナガバノアケボノスミレの葉を見ていても、
     まだ花を見ていなかったので今年は見てみたいと思い、行ってみました。

      まだ少し早かったようでしたが、ナガバノアケボノスミレの花は何とか
     見られました。

                  ナガバノアケボノスミレ(スミレ科)
            菫ナガバノアケボノスミレ130423三頭山 (4)S済



      フイリフモトスミレも葉の時には確認していても、やはり、まだ花を見て
     いなかったので、こちらも見に行ってみました。

                   フイリフモトスミレ(スミレ科)
            菫フイリフモトスミレ130423三頭山 (12)S済



      あとは、前回(4/19)と同じようなものですが見たものを載せます。

                    フモトスミレ(スミレ科)
            菫フモトスミレ130423三頭山 (2)S済



      ナガバノスミレサイシンは、もうお終いで傷んだものばかりでした。

                  ナガバノスミレサイシン(スミレ科)
     菫ナガバノスミレサイシン130423三頭山 (58)S済



                    エイザンスミレ(スミレ科)
            菫エイザンスミレ130423三頭山 (4)S済



                     シコクスミレ(スミレ科)
            菫シコクスミレ130423三頭山 (3)S済



                      マルバスミレ(スミレ科)
     菫マルバスミレ130423三頭山 (7)S済



                     タチツボスミレ(スミレ科)
            菫タチツボスミレ130423三頭山(62)S済



                   コガネネコノメソウ(ユキノシタ科)
            コガネネコノメソウ130423三頭山 (2)S済

三頭山のすみれ

      4/19 今年はすみれの開花が早く、すでに高尾山周辺ではほとんど
     お終いに近いのですが、標高の高い三頭山はこれからではないかと思い、
     行ってみました。

      三頭山は標高が1.000~1,500㍍位までありますが1,100㍍前後の日当たりの
     よいところではやはり開花が早かったようです。


      見られたすみれです。

      ナガバノスミレサイシンはだいぶ咲いていました。

                   ナガバノスミレサイシン(スミレ科)
     菫ナガバノスミレサイシン130419三頭山 (8)S済



      三頭山ではシコクスミレが見られますが、昨年はあまりよい状態では
     ありませんでしたので今年の様子が気になっていました。

      シコクスミレは咲き始めたばかりのようでしたが、昨年よりは花つきが
     よいようです。

                     シコクスミレ(スミレ科)
            菫シコクスミレ130419三頭山 (7)S済

            菫シコクスミレ130419三頭山 (6)S済



      ナガバノスミレサイシンとシコクスミレの交雑種のナガバノシコクスミレ
     と思われるものも見られます。
      葉がシコクスミレの葉を長くしたような独特の形をしています。

                  ナガバノシコクスミレ(スミレ科)?
            菫ナガバノシコクスミレ130419三頭山 (7)S済

            菫ナガバノシコクスミレ130419三頭山 (3)T済、S済



      ナガバノスミレノサイシンの白花品が見られました。

                シロバナナガバノスミレサイシン(スミレ科)
            菫シロバナナガバノスミレサイシン130419三頭山 (60)S済



      あとは、エイザンスミレやフモトスミレなどです。

                     エイザンスミレ(スミレ科)
            菫エイザンスミレ130419三頭山 (4)S済



                     フモトスミレ(スミレ科)
            菫フモトスミレ130419三頭山 (9)T済、S済



                      タチツボスミレ(スミレ科)
            菫タチツボスミレ130419三頭山 (5)S済



      この他に見られたものは次回にいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。