スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩川のサイカチの花

      5/27 多摩川のサイカチの花が咲いているのではないかと思い、行って
     みました。

      サイカチは大きくねじれた豆果や、幹の鋭い刺が目立ちますが、今まで花を
     見たことがなかったので、一度花を見てみたいと思っていました。

      サイカチの豆果と鋭い刺のある幹です。

                     サイカチ(マメ科)10.12.08
    サイカチ①101208多摩川 (3)S済


                      サイカチ(マメ科)
            サイカチ130527多摩川T (40)S済



      サイカチの花はちょうど咲き始めたところのようでしたが、同じマメ科の
     ジャケツイバラの花に比べると小さくて目立たない花でした。

      サイカチの花は雌雄同株で、雄花、雌花、両性花があるのだそうですが、
     この樹には雌花(だと思います)しか見られませんでした。

                      サイカチ(マメ科)
            サイカチ130527多摩川T (8)S済

            サイカチ130527多摩川T (18)S済

            サイカチ130527多摩川T (36)S済



      ニワウルシの花も咲いているようでした。

                     ニワウルシ(ニガキ科)
            ニワウルシ130527多摩川T (52)S済



      クワ(マグワだと思います)の実がたくさんついていました。

                      マグワ(クワ科)?
            マグワ130527多摩川T (3)S済



      この他に見られたものは次回にいたします。
スポンサーサイト

秋川渓谷のニッコウキスゲなど

      5/23 秋川渓谷のニッコウキスゲを見に行ってみました。

      ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)は高原などに群生しているものが有名ですが、
     東京都でも見られ、花期が5月、6月、7月の3系統あるそうです。

      花期が5月のものは先日載せたムサシノキスゲですが、秋川渓谷のものは6月
     に咲きます。

      従って、今回は少し時期が早かったのでまだ蕾が多く、花の見られたニッコウ
     キスゲは数株でした。

                 秋川渓谷に咲くニッコウキスゲ(ユリ科)
            ニッコウキスゲ130523秋川渓谷 (46)S済



      相模川の上流の中津川で気づかれ、ニガナより全体に小型で渓流の流水近くに
     生えるサガミニガナが見られました。

                     サガミニガナ(キク科)
            菊サガミニガナ130523秋川渓谷 (6)S済

            菊サガミニガナ130523秋川渓谷 (2)S済



      2本の雄しべが花より長く突き出すのが特徴のナツノタムラソウが見頃でした。

                     ナツノタムラソウ(シソ科)
            ナツノタムラソウ130523秋川渓谷 (2)S済

            ナツノタムラソウ130523秋川渓谷 (8)S済



      こちらはコンロンソウでしょうか。

                     コンロンソウ(アブラナ科)
            コンロンソウ130523秋川渓谷 (3)S済



      サルトリイバラの実が見られましたが、まだ緑色です。

                    サルトリイバラ(ユリ科)
            サルトリイバラ130523秋川渓谷 (53)S済



      東京都のニッコウキスゲもいつまでも残ってほしいものです。

エゴノキの花は少し遅かったようです。

      5/20 日野市の方へエゴノキの花を見に行ってみたところ、
     もう散り始めており、少し遅かったようです。

                    エゴノキ(エゴノキ科)
    エゴノキ130520日野市 (5)S済



      クマシデの果穂が目立っていました。

                     クマシデ(カバノキ科)
    クマシデ130520日野市 (6)S済



      アカメガシワの名は、新芽が赤く、カシワの葉と同じように葉を食物を
     のせるのに使ったことからつけられたそうですが、花芽ができてもまだその
     赤い色が残っています。

                   アカメガシワ(トウダイグサ科)
            アカメガシワ130520日野市 (3)S済

サイハイランが咲き始めました。

      5/20 玉川上水のサイハイランの様子を見に行ったところ、
     もう咲き始めていました。

                     サイハイラン(ラン科)
            サイハイラン130520玉川上水 (10)S済


            サイハイラン130520玉川上水 (7)S済



多摩川のイボタノキなど

      5/20 多摩川の河原に行ってみたところ、イボタノキやスイカズラの
     花がよく咲いていました。

                     イボタノキ(モクセイ科)
            イボタノキ130520多摩川昭島 (16)S済

            イボタノキ130520多摩川昭島 (9)S済



      スイカズラの花の甘い香りが漂っていました。

                    スイカズラ(スイカズラ科)
            スイカズラ130520多摩川昭島 (11)S済

            スイカズラ130520多摩川昭島 (5)S済



      甘い香りに誘われてミツバチが来ていました。

                    スイカズラ(スイカズラ科)
            スイカズラ130520多摩川昭島 (8)S済



      こちらはノニガナでしょうか?初めて見ました。

                      ノニガナ(キク科)?
            菊ノニガナ?130520多摩川昭島 (4)S済

三頭山のアカバナヒメイワカガミなど

      5/17 三頭山で見たアカバナヒメイワカガミなどです。

      アカバナヒメイワカガミは少し早かったのですが、咲き始めているものも
     ありました。

                   アカバナヒメイワカガミ(イワウメ科)
            アカバナヒメイワカガミ130517三頭山 (2)S済

    アカバナヒメイワカガミ130517三頭山 (16)S済



      ヤマウツボは昨年と同じような場所で見られましたが、少し少ないようでした。

                   ヤマウツボ(ゴマノハグサ科)
            ヤマウツボ130517三頭山 (8)S済



      あとは、見られた樹木の花です。

                     サラサドウダン(ツツジ科)
    サラサドウダン130517三頭山 (3)S済



                   オトコヨウゾメ(スイカズラ科)
            オトコヨウゾメ?130517三頭山 (3)S済



                 オオツクバネウツギ(スイカズラ科)?
            オオツクバネウツギ?130517三頭山 (10)S済



                ベニバナノツクバネウツギ(スイカズラ科)
            ベニバナツクノバネウツギ?130517三頭山 (33)S済



                     ヤマグルマ(ヤマグルマ科)
            ヤマグルマ130517三頭山 (2)S済



      今年も三頭山でルイヨウボタンやアカバナヒメイワカガミなどが見られました。

三頭山のルイヨウボタンなど

      5/17 三頭山にルイヨウボタンやアカバナヒメイワカガミなどを見に
     行ってみました。

      ルイヨウボタンなどと、アカバナヒメイワカガミなどの、2回に分けて
     載せていきます。

      今回はルイヨウボタンなどです。

      ルイヨウボタンはちょうどよく咲いていました。

                     ルイヨウボタン(メギ科)
            ルイヨウボタン130517三頭山 (74)S済

            ルイヨウボタン130517三頭山 (17)S済



      ヤマシャクヤクもよく咲いていました。

                     ヤマシャクヤク(ボタン科)
            ヤマシャクヤク130517三頭山 (5)S済



      コンロンソウやクワガタソウなども見られました。

                     コンロンソウ(アブラナ科)
            コンロンソウ?130517三頭山 (6)S済


                    クワガタソウ(ゴマノハグサ科)
            クワガタソウ130517三頭山 (57)S済



                      オドリコソウ(シソ科)
            オドリコソウ130517三頭山 (3)S済



      ツルネコノメソウに種子ができていました。

                   ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)
            ツルネコノメソウ130517三頭山 (3)S済



      カメバヒキオコシやシコクスミレの葉がきれいでした。

                    カメバヒキオコシ(シソ科)
            カメバヒキオコシ130517三頭山 (34)S済



                      シコクスミレ(スミレ科)
            菫シコクスミレ130517三頭山 (2)S済



      この他に見られたアカバナヒメイワカガミなどは次回にいたします。

府中市郷土の森のマンテマ

      5/15 府中市郷土の森にマンテマを見に行って見ました。

      こちらのマンテマは3年くらい前から見ているのですが、いつもお終いに近く、
     遅かったので、今年は少し早めに行ってみました。

      すると、逆に今年は少し早く、まだ花はあまり見られませんでした。

      マンテマは、ヨーロッパ原産の1~2年草で、江戸時代末期に渡来し、庭などに
     植えられたものが野生化し、本州、四国、九州の海岸などに群生しているそうです。

                     マンテマ(ナデシコ科)
            マンテマ130515府中市郷土の森 (7)S済

            マンテマ130515府中市郷土の森 (15)S済

            マンテマ130515府中市郷土の森 (18)S済



      ムサシノキスゲは浅間山から移植したものでしょうか。

                    ムサシノキスゲ(ユリ科)
            ムサシノキスゲ130515府中市郷土の森 (3)S済




      今年もなんとかマンテマが見られました。

府中市浅間山のムサシノキスゲ

      5/12 午前中に多摩川のレンリソウを見た後、府中市浅間山に
     ムサシノキスゲを見に行ってみました。

      ムサシノキスゲはよく咲いてはいましたが、まだまだ群生には時間が
     かかるようです。

                     ムサシノキスゲ(ユリ科)
            ムサシノキスゲ130512府中市浅間山 (16)S済

            ムサシノキスゲ130512府中市浅間山 (7)S済

            ムサシノキスゲ130512府中市浅間山 (27)S済



      キンランが何故か残っていました。

                      キンラン(ラン科)
            蘭キンラン130512府中市浅間山 (2)S済

南高尾方面のコミヤマスミレ

      5/9 南高尾方面にコミヤマスミレを見に行ってみました。

      昨年、群生していたところに行ってみましたが、今年は昨年ほどでは
     なく、しかも少し遅い状態でした。
      一昨年の群生地にも行ってみましたが、こちらではほとんど見られ
     ませんでした。
      やはり、すみれも毎年同じように見られることはほとんどないようです。
     時々群生が見られるのは、環境やその他の条件などが揃ったときなので
     しょうが、今年は高尾山ではヒナスミレがたくさん見られたようです。

                     コミヤマスミレ(スミレ科)
            菫コミヤマスミレ①130509南高尾 (16)S済

            菫コミヤマスミレ②130509南高尾 (16)S済



      ツボスミレの白花品をシラユキスミレというそうですが、今年も見られました。

                     シラユキスミレ(スミレ科)
            菫シラユキスミレ130509南高尾 (16)S済



      こちらはツボスミレ(ニョイスミレ)です。

                      ツボスミレ(スミレ科)
            菫ツボスミレ130509南高尾 (52)S済



      クワガタソウがあちこちに見られました。

                   クワガタソウ(ゴマノハグサ科)
            クワガタソウ130509南高尾 (2)s済



      タチガシワですが、風で揺れて大変でした。

                    タチガシワ(ガガイモ科)
            タチガシワ130509南高尾 (5)s済



      この時季のツチアケビの状態を見てみましたが、ちょうど芽が伸びてきた
     ところで、白いアスパラガスのように見えます。

                      ツチアケビ(ラン科)
            蘭ツチアケビ130509南高尾 (2)S済



      今年はすみれの花は早かったので、コミヤマスミレも早かったようです。

玉川上水のハクウンボク

      5/4 久しぶりに自宅に寄ったついでに、以前はよく散歩した
     玉川上水にちょこっと寄って、ハクウンボクの花を見てみました。

      ハクウンボクの花はもう見頃は過ぎていましたが、何とか見られました。

                    ハクウンボク(エゴノキ科)
            ハクウンボク30504玉川上水 (18)S済

            ハクウンボク30504玉川上水 (14)S済

     ハクウンボク30504玉川上水 (13)S済



      こちらはレッドロビンだと思います。
      レッドロビンはカナメモチとオオカナメモチの雑種だそうです。

                     レッドロビン(バラ科)?
            レッドロビン130504玉川上水 (7)S済

            レッドロビン130504玉川上水 (6)S済



      この日は風が強く、何回シャッターを押してもピントはほとんど合いませんでした。

府中市浅間山のキンランなど

      4/30 買い物ついでに府中市の浅間山にキンランなどを見に行ってみました。

      浅間山のキンランは、年々増えているようで数十株はあるように見えました。

                       キンラン(ラン科)
            蘭キンラン130430浅間山 (15)T済

            蘭キンラン130430浅間山 (19)T済



      ササバギンランもたくさんありましたが、急いで回ったためギンランは見られ
     ませんでした。

                     ササバギンラン(ラン科)
            蘭ササバギンラン130430浅間山 (9)


      こちらのササバギンランには何かの幼虫がついているようです。

                     ササバギンラン(ラン科)
            蘭ササバギンラン130430浅間山 (2)



      ムサシノキスゲが咲きだしていました。

                     ムサシノキスゲ(ユリ科)
            ムサシノキスゲ130430浅間山 (22)T済

            ムサシノキスゲ130430浅間山 (10)



      ハンショウヅルは人工の竹の支柱に守られ、たくさん咲いていました。

                  ハンショウヅル(キンポウゲ科)
            ハンショウヅル130430浅間山 (2)T済



      浅間山のキンランは増えているようですが、ムサシノキスゲも増えてほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。