スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョウビタキ

      10/28 相模原市方面で冬鳥のジョウビタキを見ました。

                        ジョウビタキ ♂ 
               鳥ジョウビタキ131028FC2 (82)T済、S済

               鳥ジョウビタキ131028FC2 (13)S済
スポンサーサイト

陣場山方面のアワコガネギク

      10/28 陣場山方面にアワコガネギクを見に行ってみました。

      まだ蕾が多かったのですが、咲き始めているものもありました。

                       アワコガネギク(キク科)
               菊アワコガネギク131028陣場方面 (5)T済、S済

               菊アワコガネギク131028陣場方面 (9)T済、S済

               菊アワコガネギク131028陣場方面 (7)T済、S済

南高尾方面のキク科の花など

      10/23 南高尾方面の続きで、キク科の花などです。

      この時季よく見られるキク科の花にはシロヨメナやノコンギクなどがありますが、
     それぞれ個体差などからか見分けが難しいものがあります。

      こちらはシロヨメナとノコンギクでよいのでしょうか。

                        シロヨメナ(キク科)?
               菊シロヨメナ?131023FC2 (68)S済


                        ノコンギク(キク科)?
               菊ノコンギク?131023FC2 (7)S済



      コウヤボウキはたくさん見られました。

                        コウヤボウキ(キク科)
               菊コウヤボウキ131023FC2 (3)T済、S済



      ところどころに見られたものです。

                       アズマヤマアザミ(キク科)
               菊アズマヤマアザミ131023FC2 (4)S済



                       アキノキリンソウ(キク科)
               菊アキノキリンソウ131023FC2 (71)、S済



                         オヤマボクチ(キク科)
               菊オヤマボクチ131023FC2 (2)T済、S済



                         タカオヒゴタイ(キク科)
               菊タカオヒゴタイ131023FC2 (3)T済、S済



      天候が悪いのにセンブリが咲いていました。

                         センブリ(リンドウ科)
               センブリ131023FC2 (4)T済、S済



      こちらはオオハナワラビでしょうか。

                          オオハナワラビ?
               羊歯オオハナワラビ?131023FC2 (2)S済

南高尾方面の実ものなど

      10/23 曇り空の中、久しぶりに南高尾方面に行ってみましたが、前夜の雨で道は
     ぬかるみで草木も濡れていました。

      いろいろな実ものにも滴のついたものが多く見られました。

                        ヒヨドリジョウゴ(ナス科)
               ヒヨドリジョウゴ131023FC2 (2)S済


                        マルバノホロシ(ナス科)
               マルバノホロシ131023FC2 (5)T済、S済

               マルバノホロシ131023FC2 (82)T済、S済



                        ハダカホオズキ(ナス科)
               ハダカホオズキ131023FC2 (4)S済



      ヤマホオズキはまだ色づいていませんでした。

                        ヤマホオズキ(ナス科)
               ヤマホオズキ131023FC2 (5)S済



      こちらはアオハダだと思います。

                        アオハダ(モチノキ科)
               アオハダ?131023FC2 (97)S済



      ツリバナが見られました。

                        ツリバナ(ニシキギ科)
               ツリバナ131023FC2 (2)S済



      ヤブコウジはまだ色が薄いようです。

                       ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
               ヤブコウジ131023FC2 (102)S済



      ヤブムラサキの紫色の実がきれいでした。

                      ヤブムラサキ(クマツヅラ科)
               ヤブムラサキ131023FC2 (9)T済、S済

               ヤブムラサキ131023FC2 (39)T済、S済

高尾山方面-3(キク科の花など)

      10/21 高尾山方面の続きでキク科の花などです。

      今の時季、高尾山方面でよく見られるアザミの仲間には、アズマヤマアザミ、トネアザミ
    (タイアザミ)、ノハラアザミ、などがあります。
      時季的には少し遅かったようですが、一応全部見られました。

                       アズマヤマアザミ(キク科)
               菊アズマヤマアザミ131021FC2 (122)S済


                         トネアザミ(キク科)
               菊トネアザミ131021FC2 (4)S済


                        ノハラアザミ(キク科)
               菊ノハラアザミ131021FC2 (109)S済


      白花も見られました。

                       ノハラアザミ白花(キク科)
               菊ノハラアザミ白花①131021FC2 (3)S済



      シロヨメナはたくさん見られましたが、リュウノウギクはあまり見られません。

                         シロヨメナ(キク科)
               菊シロヨメナ131021FC2 (121)S済


                        リュウノウギク(キク科)
               菊リュウノウギク131021FC2 (30)S済



      タカオヒゴタイがまだ残っていました。

                        タカオヒゴタイ(キク科)
               菊タカオヒゴタイ131021FC2 (5)S済



      アサギマダラはキク科の花が好きなようです。

                           アサギマダラ
               蝶アサギマダラ131021FC2 (155)S済



      こちらの蜘蛛の名前は分かりません。
      ご存知の方がおられましたら教えていただけるとありがたいです。

                             蜘蛛?
               蜘蛛131021FC2 (27)S済

高尾山方面-2(実もの)

      10/21 高尾山方面の続きで、実ものです。

      10月も半ばを過ぎ、高尾山も実ものが多く見られ、秋を感じます。

      実ものは、やはり赤い実が多いようです。

                        ガマズミ(スイカズラ科)
               ガマズミ131021FC2 (2)S済


                       ゴンズイ(ミツバウツギ科)
       ゴンズイ131021FC2 (2)S済


                         サルトリイバラ(ユリ科)
               サルトリイバラ131021FC2 (63)S済


      若い女性達がこの実を見て「おもしろい!何の実?」と騒いでいましたので、”コブシの実ですよ”
     と教えてあげました。

                         コブシ(モクレン科)
               コブシ131021FC2 (81)S済



      ミヤマシキミの実がきれいでした。

                        ミヤマシキミ(ミカン科)
               ミヤマシキミ131021FC2 (3)S済



      ヤブコウジは、くすんだ赤色ですね。

                       ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
               ヤブコウジ131021FC2 (50)S済



      この時季、ナス科の実ものも赤色が多いようです。

                       ハダカホオズキ(ナス科)
               ハダカホオズキ131021FC2 (5)S済


                       ヒヨドリジョウゴ(ナス科)
               ヒヨドリジョウゴ131021FC2 (2)S済


                        マルバノホロシ(ナス科)
               マルバノホロシ131021FC2 (2)S済



      赤色以外の実ものもありました。

                      アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)
               アオツヅラフジ131021FC2 (6)T済、S済



                        スイカズラ(スイカズラ科)
               スイカズラ131021FC2 (94)T済、S済

高尾山方面-1(センブリなど)

      10/21 久しぶりに高尾山方面に行ってみました。

      高尾山方面でもセンブリが咲きだしていると思い行ってみましたが、まだまだ体力が戻らず
     とても疲れました。

      センブリはまだ蕾もたくさんあったのですが、ちょうど見頃のものもたくさんありました。

                         センブリ(リンドウ科)
               センブリ③131021FC2 (12)S済

               センブリ①131021FC2 (15)S済

               センブリ②131021FC2 (61)S済



      センブリ以外に見られた花などです。

      こちらはオオヒナノウスツボでしょうか。

                    オオヒナノウスツボ(ゴマノハグサ科)?
               オオヒナノウスツボ?131021FC2 (2)S済



      だいぶ時季が遅くなったと思われるものでも、まだ花が残っているものもありました。

                       コシオガマ(ハマウツボ科)
               コシオガマ131021FC2 (24)S済



                        タマアジサイ(ユキノシタ科)
               タマアジサイ131021FC2 (96)T済、S済



                        ツルリンドウ(リンドウ科)
               ツルリンドウ131021FC2 (52)S済



      ツルギキョウは実が色づいてきていましたが、まだ花も残っていました。

                        ツルギキョウ(キキョウ科)
               ツルギキョウ131021FC2 (16)S済

               ツルギキョウ131021FC2 (9)S済



      こちらはフトボナギナタコウジュだと思います。

                     フトボナギナタコウジュ(シソ科)
               フトボナギナタコウジュ131021FC2 (3)S済



      ポツリポツリとタチツボスミレに花が見られました。

                        タチツボスミレ(スミレ科)
               菫タチツボスミレ131021FC2 (25)S済

小下沢方面-2(ナギナタコウジュなど)

      10/17 小下沢方面に行ったときに見たナギナタコウジュなどです。

      ナギナタコウジュとフトボナギナタコウジュが見られました。

      フトボナギナタコウジュは、ナギナタコウジュに比べて葉の幅がやや広くて短く、
     花穂もやや太いようです。また、苞の形や毛の有無も区別点のようです。

                        ナギナタコウジュ(シソ科)
               ナギナタコウジュ131017FC2 (94)S済


                      フトボナギナタコウジュ(シソ科)
               フトボナギナタコウジュ131017FC2 (3)S済



      ミツバフウロはゲンノショウコとよく似ていますが植物体に腺毛がありません。

                       ミツバフウロ(フウロソウ科)
               ミツバフウロ131017FC2 (6)S済


                       ゲンノショウコ(フウロソウ科)
               ゲンノショウコ131017FC2 (2)S済



      セキヤノアキチョウジやサラシナショウマも見られました。

                      セキヤノアキチョウジ(シソ科)
               セキヤノアキチョウジ131017FC2 (4)S済


                     サラシナショウマ(キンポウゲ科)
               サラシナショウマ131017FC2 (91)S済

小下沢方面-1(センブリなど)

      10/17 もうそろそろセンブリが咲きだしているのではないかと思い、
     小下沢方面に行ってみました。

      センブリはちょうど咲き始めたところのようでしたが、大きな株は見られませんでした。

                         センブリ(リンドウ科)
               センブリ131017FC2 (55)S済



      花冠は、先端が丸みを帯びたものや、裏側が少し紫色のものなどが見られます。

                          センブリ(リンドウ科)
               センブリ131017FC2 (33)T済、S済

               センブリ131017FC2 (18)S済

               センブリ131017FC2 (8)T済、S済



      シロヨメナやヤクシソウがたくさん見られました。

                        シロヨメナ(キク科)
               菊シロヨメナ131017FC2 (5)S済



                        ヤクシソウ(キク科)
               菊ヤクシソウ131017FC2 (19)S済



      久しぶりにオオガンクビソウを確認しました。

                       オオガンクビソウ(キク科)
               菊オオガンクビソウ131017FC2 (3)S済

台風後の多摩川のチョウやトンボ

      10/16 昨晩の大型台風による大雨の後、昼過ぎに多摩川に行ってみました。

      多摩川の水はそれほど増えてはいませんでした。

                         増水した多摩川
      多摩川131016FC2 (6)


      台風の後でもチョウやトンボが見られました。
      名前がはっきりわかりませんので、ご存知の方がおられましたら教えていただけると
     ありがたいです。

                        イチモンジセセリ
      蝶イチモンジセセリ131016FC2 (2)


                         ウラナミシジミ
      蝶ウラナミシジミ131016FC2 (3)


                          キタテハ?
      蝶キタテハ?131016FC2 (11)


                       ヒョウモンチョウの仲間?
      蝶ヒョウモンチョウの仲間131016FC2 (4)


                         アキアカネ?
      蜻蛉アキアカネ?131016FC2 (3)


                         ミヤマアカネ?
      蜻蛉ミヤマアカネ131016FC2 (2)

アケボノソウ

      10/14 カワラノギクを見た後、あきる野市方面にアケボノソウを見に行ってみま
     した。

      今年は猛暑だったせいか、7~8株はあったと思いますが、まともなものは1株だけで
     あとはみな上部が枯れたようなみすぼらしいものばかりでした。

                        アケボノソウ(リンドウ科)
               アケボノソウ131014FC2 (5)S済

               アケボノソウ131014FC2 (14)S済

               アケボノソウ131014FC2 (27)S済

多摩川のカワラノギク

      10/14 多摩川のカワラノギクを見に行ってみました。

      カワラノギクは、関東地方の河川の中流域の玉石河原に生育する野菊の一種で、多摩川
     はじめ相模川、那珂川、鬼怒川などに自生しているそうです。
      しかし、どこの河川でも水利施設の発達で玉石河原が減少し、カヤ、ヨシ、灌木などが
     生い茂り絶滅の危機にあるそうです。
      多摩川でも羽村市や福生市などの保護活動により何とか絶滅を逃れているようですが、
     ここ数年、私が見ているカワラノギクも自生の場所が変わり株数も減っているように思い
     ます。

      自生のカワラノギクです。

                         カワラノギク(キク科)
               菊カワラノギク③131014FC2 (4)

               菊カワラノギク③131014多摩川羽村 (16)

               菊カワラノギク②131014FC2 (4)



      保護地では今年はたくさん見られました。

      保護地のカワラノギクです。

                         カワラノギク(キク科)
               菊カワラノギク①131014FC2 (25)



      カワラノギクに何かの幼虫がいましたが、何の幼虫でしょうか。

                             ? 
               菊カワラノギク③131014FC2 (13)



      カワラニガナはたくさん見られました。

                         カワラニガナ(キク科)
               菊カワラニガナ131014FC2 (81)



      アキノノゲシもたくさん見られました。

                         アキノノゲシ(キク科)
               菊アキノノゲシ131014FC2 (60)



      センダングサも見られました。

                         センダングサ(キク科)
               菊センダングサ131014FC2 (4)

キダチコンギク

      10/12 多摩川へちょこっと寄って、キダチコンギクやガガイモの実、タコノアシなどを
     探してみました。

      今年はどれも少なく、わずかしか見られませんでした。

                         キダチコンギク(キク科)
               菊キダチコンギク131012FC2 (14)



                          ガガイモ(ガガイモ科)
               ガガイモ131012FC2 (2)



                         タコノアシ(ベンケイソウ科)
               タコノアシ131012FC2 (5)



      川の浅瀬ではサギ類がたくさん同じ方向を向いていました。

          鳥ダイサギなど131012FC2 (38)



      こちらはオオバンとコガモだと思います。

                              オオバン
          鳥オオバン?131012FC2 (34)



                              コガモ
          鳥コガモ131012FC2 (8)



     こちらはミヤマアカネでしょうか。

                            ミヤマアカネ?
               蜻蛉ミヤマアカネ131012FC2 (2)

リュウノウギクなど

      10/10 富士五湖方面でムラサキセンブリの他に見られた花などです。

      リュウノウギク、ノコンギク、シロヨメナなど、キク科の花がたくさん見られました。

                         リュウノウギク(キク科)
               菊リュウノウギク④131010FC2 (81)

               菊リュウノウギク③131010FC2 (6)



                         ノコンギク(キク科)
               菊ノコンギク131010FC2 (102)



                         シロヨメナ(キク科)
               菊シロヨメナ131010FC2 (22)



      セイタカトウヒレンはあまり見られませんでした。

                        セイタカトウヒレン(キク科)
               菊セイタカトウヒレン131010FC2 (43)



      葉が三角状ほこ形で基部が横にはりだすハバヤマボクチがたくさん見られました。

                        ハバヤマボクチ(キク科)
               菊ハバヤマボクチ131010FC2 (2)



      こちらはキクアザミでしょうか。

                         キクアザミ(キク科)?
               菊キクアザミ?131010FC2 (2)



      ヤマラッキョウもたくさん見られました。

                        ヤマラッキョウ(ユリ科)
               ヤマラッキョウ131010FC2 (7)

               ヤマラッキョウ131010FC2 (145)



      トリカブトやナギナタコウジュもなんとか花が見られました。

                      ヤマトリカブト(キンポウゲ科)?
               ヤマトリカブト?131010FC2 (6)



                        ナギナタコウジュ(シソ科)
               ナギナタコウジュ131010FC2 (151)



      こちらはツリバナでしょうか。

                         ツリバナ(ニシキギ科)
               ツリバナ131010FC2 (2)

ムラサキセンブリ

      10/10 富士五湖方面にムラサキセンブリなどを見に行ってみました。

      ムラサキセンブリはちょうど見頃でした。

                      ムラサキセンブリ(リンドウ科)
               ムラサキセンブリ③131010FC2 (4)

               ムラサキセンブリ④131010FC2 (10)

               ムラサキセンブリ④131010FC2 (128)

               ムラサキセンブリ③131010FC2 (7)



      リンドウもよく咲いていました。

                        リンドウ(リンドウ科)
               リンドウ131010FC2 (3)

               リンドウ131010FC2 (7)

ホソバノツルリンドウ

      10/08 山梨県の方にホソバノツルリンドウを見に行ってみました。

      ここ数年、ホソバノツルリンドウを見に行っていますが、なかなかよい状態のものに
     出会えません。今年も時季が少し遅かったようですが、花つきのよい大きめの株が3株
     ほど見られました。

                     ホソバノツルリンドウ(リンドウ科)
               ホソバノツルリンドウ①131008FC2 (2)

               ホソバノツルリンドウ③131008FC2 (14)



      その他に見られたものです。

                         ヤクシソウ(キク科)
               菊ヤクシソウ131008FC2 (5)



                         ノコンギク(キク科)
               菊ノコンギク131008FC2 (2)



                         ヤマハッカ(シソ科)
               ヤマハッカ131008FC2 (19)



      こちらはハッカでしょうか。

                         ハッカ(シソ科)?
               ハッカ131008FC2 (13)



      こちらはツルドクダミ?

                        ツルドクダミ(タデ科)?
               ツルドクダミ131008FC2 (21)



      最後はナガコガネグモだと思います。

                         ナガコガネグモ
               虫ナガコガネグモ?131008FC2 (20)T済

民家の野良猫?

      10/07 陣場方面の民家に猫が7~8匹いましたが、野良猫なのか飼い猫なのか
     よくわかりませんでした。

      農家風の民家の庭先で、子猫が2匹じゃれあって遊んでいましたが、それを見ている若い猫や、
     大人の猫がいて、全部で7~8匹はいたと思います。

      じゃれあっていた2匹の子猫です。

     猫131007FC2 (2)T済

     猫131007FC2 (5)



      大人の猫や若い猫ですが、こんなところにいました。

     猫131007FC2 (42)


     猫131007FC2 (22)


               猫131007FC2 (14)


               猫131007FC2 (31)


               猫131007FC2 (16)

コシオガマなど

      10/07 陣場方面に行ってみたら、コシオガマなどが見られました。

                        コシオガマ(ゴマノハグサ科)
               コシオガマ131007FC2 (6)



      ツリフネソウなどその他に見られたものを載せます。

                       ツリフネソウ(ツリフネソウ科)
               ツリフネソウ131007FC2 (3)



                         ヤマハッカ(シソ科)
               ヤマハッカ131007FC2 (23)



                          ノコンギク(キク科)
               菊ノコンギク131007FC2 (2)



                          ヤクシソウ(キク科)
               菊ヤクシソウ131007FC2 (50)



                         カシワバハグマ(キク科)
               菊カシワバハグマ131007FC2 (6)



      センダングサの頭花は黄色です。

                         センダングサ(キク科)
               菊センダングサ131007FC2 (6)



      見られたチョウですが、アカタテハとメスグロヒョウモンでしょうか。

                         アカタテハ?
     蝶アカタテハ?131007FC2 (104)



                           メスグロヒョウモン?
               蝶メスグロヒョウモン?131007FC2 (8)

あきる野市方面のヤマホオズキ

      10/07 あきる野市方面にヤマホオズキの様子を見に行ってみました。

      ヤマホオズキは「多年草」と図鑑などには載っていますが、毎年同じ場所で見られることは
     少ないようです。特に、大株は翌年には必ずといってよいほど見られなくなってしまいます。

      今回の場所でも、1昨年見られたところはすでに昨年見られなくなっていたのですが、昨年、
     小さな株がいくつかあるのを確認していたので、それを今回は見に行ってみました。

      昨年の小さな株が今年は大きくなっていましたが、枝が垂れ下がって他の草などと絡んで
     よい状態ではありませんでした。

                       ヤマホオズキ(ナス科)
               ヤマホオズキ131007FC2 (10)



      ミゾソバがよく咲いていました。

                         ミゾソバ(タデ科)
               ミゾソバ131007FC2 (7)T済

               ミゾソバ131007FC2 (4)



      オケラは少し遅かったようです。

                         オケラ(キク科)
               菊オケラ131007FC2 (4)



      キバナアキギリやナンバンギセルがまだ残っていました。

                       キバナアキギリ(シソ科)
               キバナアキギリ131007FC2 (35)



                      ナンバンギセル(ハマウツボ科)
               ナンバンギセル131007FC2 (39)



      ホウチャクソウに実がついていました。

                       ホウチャクソウ(ユリ科)
               ホウチャクソウ131007FC2 (49)

濃霧の陣場山方面

      10/04 この日は曇りだったので足慣らしのため陣場山方面に行ってみました。

      しかし、現地に着くころには霧が出てきて、山道を登るにつれて霧が深くなり、最後は
     霧雨模様の濃霧になってしまいました。

      そんな中、見られた花などを載せていきます。

                       セイタカトウヒレン(キク科)
               菊セイタカトウヒレン131004FC2 (22)



                        タカオヒゴタイ(キク科)
               菊タカオヒゴタイ131004FC2 (4)



                        シラヤマギク(キク科)
               菊シラヤマギク131004FC2 (42)



                      アキノキリンソウ(キク科)
               菊アキノキリンソウ131004FC2 (2)T済



                      レイジンソウ(キンポウゲ科)
               レイジンソウ131004FC2 (53)T済



                       サンショウ(ミカン科)
               サンショウ131004FC2 (2)T済



      こちらはホウキタケでしょうか。

                          ホウキタケ?
               茸ホウキタケ?131004FC2 (36)

神代植物公園のバクチノキ

      10/03 久しぶりに神代植物公園に行ってみました。

      バラには少し早かったようですが、バクチノキの花がちょうどよく咲いていました。

      バクチノキは、「樹皮が次々にはがれ落ちるのを、博打に負けて身ぐるみはがれるのに
     たとえたもの」だそうですが、たしかに樹皮には特徴があります。

                        バクチノキ(バラ科)
               バクチノキ131003FC2 (8)T済


      バクチノキの花です。

                        バクチノキ(バラ科)
               バクチノキ131003FC2 (4)

               バクチノキ131003FC2 (7)



      シモバシラの花が残っていました。

                         シモバシラ(シソ科)
               シモバシラ131003FC2 (3)



      タヌキマメも見られました。

                          タヌキマメ(マメ科)
               タヌキマメ131003FC2 (5)



      マヤランは昨年とは少し違うところで見られました。

                         マヤラン(ラン科)
               蘭マヤラン131003FC2 (16)

               蘭マヤラン131003FC2 (8)



      こちらはノウタケでしょうか。

                            ノウタケ?
               茸ノウタケ131003FC2 (26)

わが家のハチオウジアザミ

      10/03 わが家のハチオウジアザミが咲いています。

      昨年、いただいた種子を蒔いたものが昨年は3株ほど咲いたのですが、今年は一回り大きくなり
     7株ほどが咲きそうです。

                       ハチオウジアザミ(キク科)
               菊ハチオウジアザミ131003FC2 (2)T済



      今年の夏は異常に暑く、エンビセンノウやヤマホオズキなどの株がほとんど全滅してしまいま
     した。
      しかし、ここにきて涼しくなったからなのか、枯れたと思ったエンビセンノウの株元から芽が
     伸びて小さな花を咲かせていました。

                        エンビセンノウ(ナデシコ科)
               エンビセンノウ131003FC2 (3)T済



      今年の暑さは、わが家のバアソブやジイソブ(ツルニンジン)にも被害が及び、葉や蔓が枯れ、
     花もみじめなものが多い状態でした。
      しかし、こちらも涼しくなると、少し息を吹き返したのかバアソブが咲き始め、ジイソブとの
     共演が見られます。

                          ジイソブとバアソブ  
               ジイソブ&バアソブ131003FC2 (2)T済

多摩川のタコノアシ

      10/02 多摩川のタコノアシを見に行ってみました。

      今年は暑く、雨が多かったせいか、河原の雑草が大きく茂っていて昨年とは様子が違い
     ました。
      昨年はたくさん見られたタコノアシがなかなか見つからなかったのですが、何とか雑草
     の中に紅葉している数株を見つけました。

                       タコノアシ(ベンケイソウ科)
               タコノアシ131002FC2 (4)S済



      ママコノシリヌグイ、カナムグラの花がたくさん見られました。

                       ママコノシリヌグイ(タデ科)
               ママコノシリヌグイ131002FC2 (2)S済



                       カナムグラ雄花(クワ科)
               カナムグラ雄花131002FC2 (2)S済

                       カナムグラ雌花(クワ科)
               カナムグラ雌花131002FC2 (6)S済



      アレチウリの花はもうお終いのようでした。

                        アレチウリ雄花(ウリ科)
               アレチウリ雄花131002FC2 (17)S済

                        アレチウリ雌花(ウリ科)
               アレチウリ雌花131002FC2 (15)S済



      こちらの小さな花はイヌコウジュとヒメジソでしょうか。

                        イヌコウジュ(シソ科)
               イヌコウジュ?131002FC2 (3)S済


                         ヒメジソ(シソ科)?
               ヒメジソ131002FC2 (2)S済



      アオサギやダイサギなどが見られました。

                        アオサギ
     鳥アオサギ131002FC2 (47)S済


                        ダイサギ?
     鳥ダイサギ?131002FC2 (45)S済


                         カワウ
     鳥カワウ131002FC2 (2)S済

クロヤツシロラン

      10/01 雨が降る予報でしたが午前中は降りそうになかったので、体を慣らすために
     八王子市方面に行ってみました。

      昨年12月にクロヤツシロランの実をたくさん見ていたので、花は今頃だと思い、行って
     みました。

                      クロヤツシロランの実(12.12.06) 
               蘭クロヤツシロラン121206FC2 (13)S済

                蘭クロヤツシロラン121206FC2 (15)S済



      クロヤツシロランは腐生植物で、実は上記のように丈(花柄?)が伸びるので見つけやすいの
     ですが、花は2㌢くらいと小さいので探すのがとても困難です。

      この日はヤブ蚊の猛攻に耐えながら何とか少し見つけることができました。

                       クロヤツシロラン(ラン科)
               蘭クロヤツシロラン131001FC2 (3)S済

               蘭クロヤツシロラン131001FC2 (5)S済

               蘭クロヤツシロラン131001FC2 (2)S済

               蘭クロヤツシロラン131001FC2 (7)S済

あきる野市のヤナギイノコズチなど

      9/28 あきる野市の続きで、ヤナギイノコズチなどの他に見られたものです。

                       ヤナギイノコズチ(ヒユ科)
               ヤナギイノコズチ130928FC2 (2)


      ヒカゲイノコズチとヒナタイノコズチはなかなか区別ができません。

                       ヒカゲイノコズチ(ヒユ科)?
               ヒカゲイノコズチ?130928FC2 (21)


                       ヒナタイノコズチ(ヒユ科)?
               ヒナタイノコズチ?130928FC2 (78)



      アメリカセンダングサはコセンダングサなどより少し早く咲くようです。

                      アメリカセンダングサ(キク科)
               菊アメリカセンダングサ130928FC2 (40)



      小さなヨモギの頭花です。

                          ヨモギ(キク科)
               菊ヨモギ130928FC2 (58)



      こちらはノハラアザミだと思います。

                         ノハラアザミ(キク科)
               菊ノハラアザミ130928FC2 (2)



      カシワバハグマも見られました。

                        カシワバハグマ(キク科)
               菊カシワバハグマ130928FC2 (3)



      これらはノビタキとナツアカネでしょうか?

                          ノビタキ?
               鳥ノビタキ?130928FC2 (139)S済


                         ナツアカネ?
       蜻蛉130928FC2 (137)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。