スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三頭山のカメバヒキオコシの霜柱など

      12/14 この冬一番の寒さと聞いて時期が遅くなってしまいましたが、三頭山のカメバヒキ
     オコシに霜柱(氷柱)ができているのではないかと思い、行ってみました。

      三頭山では、高尾山で有名なシモバシラの霜柱は見られませんが、同じシソ科のカメバヒキオ
     コシがたくさん生えており、シモバシラ同様の霜柱(氷柱)が11月中旬頃から見られます。

      しかし、今回は12月中旬になっていましたので、やはり、少し遅く小さいものばかりでした。

                        カメバヒキオコシ(シソ科)
               カメバヒキオコシ氷柱131214三頭山 (7)S済

               カメバヒキオコシ氷柱131214三頭山 (20)S済



      カメバヒキオコシの花です。

                      カメバヒキオコシ(12.09.14) 
               カメバヒキオコシ120914三頭山 (18)S済



      クサボタンやボタンヅルの実が見られました。

                       クサボタン(キンポウゲ科)
               クサボタン131214三頭山 (7)T済、S済

               クサボタン131214三頭山 (9)T済、S済


      クサボタンの花です。

                        クサボタン(12.09.14) 
               クサボタン120914三頭山 (3)S済



                       ボタンヅル(キンポウゲ科)
               ボタンヅル131214三頭山 (4)T済、S済

               ボタンヅル131214三頭山 (3)T済、S済


      ボタンヅルの花です。

                         ボタンヅル(12.08.21) 
               ボタンヅル120821三頭山 (13)S済



      ルリビタキ(♀)が近くで見られました。

                           ルリビタキ♀ 
               鳥ルリビタキ♀131214三頭山 (6)S済

               鳥ルリビタキ♀131214三頭山 (9)S済
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。