スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中市郷土の森のロウバイ

      1/12 府中市郷土の森にロウバイを見に行ってみました。

      梅は、まだ蕾の固いものが多く数輪咲いているものがあっただけでしたが、ソシンロウバイや
     マンゲツロウバイ、ロウバイ、などは、よく咲いているものがありました。



      図鑑によると、ロウバイは「花は直径約2㌢、花被片は多数らせん状につき、内側の花被片は
     小さくて暗褐色」とあり、ソシンロウバイは「ロウバイより花が大きく、内側の花被片が黄色」と
     あります。

      たしかに、ロウバイの名札のついたものは花が小さめで内側の花被片が暗褐色でした。

                         ロウバイ(ロウバイ科)
               ロウバイ140112府中市郷土の森 (32)S済



      しかし、ソシンロウバイの名札のついたものは、内側の花被片が黄色のものと、暗褐色の色の
     ついたものの2種類が見られました。

                      ソシンロウバイ(ロウバイ科)
               ソシンロウバイ140112府中市郷土の森 (3)T済、S済

               ソシンロウバイ?140112府中市郷土の森 (9)T済、S済



      そして、マンゲツロウバイは図鑑には載っていないのですがネットで見ると、実生の選別品で、
     花が大きく丸く黄色が濃く、内側の花被片が暗褐色とあります。

      しかし、マンゲツロウバイと名札のついたものでも、やはり、内側の花被片が黄色のものと、
     暗褐色の色のついたものの2種類が見られました。

                       マンゲツロウバイ(ロウバイ科)
               マンゲツロウバイ140112府中市郷土の森 (15)T済、S済

               ソシンロウバイ?140112府中市郷土の森 (10)T済、S済



      こちらは内側の花被片が暗褐色で、花の大きさがソシンロウバイより小さめで、黄色も濃く、
     ロウバイとの中間的でした。看板はついていませんでした。

                       ロウバイ(ロウバイ科)?
               ロウバイ?140112府中市郷土の森 (49)T済、S済



      結局、以前にも述べましたが、ソシンロウバイやマンゲツロウバイは、接ぎ木苗と実生苗も
     販売されているということから、いろいろな花のものが出るのは当然のことのように思います。

      従って、ロウバイをソシンロウバイやマンゲツロウバイなどと分けるのは難しいのではないか
     と思います。


      他には、梅が数輪咲いていたのとタチカンツバキ?などが咲いていました。

                            野梅
               梅140112府中市郷土の森 (2)S済



                        タチカンツバキ(ツバキ科)?
               カンツバキ140112府中市郷土の森 (53)S済



      シジュウカラが見られました。

                           シジュウカラ
               鳥シジュウカラ140112府中市郷土の森 (61)T済、S済
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。