スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三頭山のすみれ

      4/19 今年はすみれの開花が早く、すでに高尾山周辺ではほとんど
     お終いに近いのですが、標高の高い三頭山はこれからではないかと思い、
     行ってみました。

      三頭山は標高が1.000~1,500㍍位までありますが1,100㍍前後の日当たりの
     よいところではやはり開花が早かったようです。


      見られたすみれです。

      ナガバノスミレサイシンはだいぶ咲いていました。

                   ナガバノスミレサイシン(スミレ科)
     菫ナガバノスミレサイシン130419三頭山 (8)S済



      三頭山ではシコクスミレが見られますが、昨年はあまりよい状態では
     ありませんでしたので今年の様子が気になっていました。

      シコクスミレは咲き始めたばかりのようでしたが、昨年よりは花つきが
     よいようです。

                     シコクスミレ(スミレ科)
            菫シコクスミレ130419三頭山 (7)S済

            菫シコクスミレ130419三頭山 (6)S済



      ナガバノスミレサイシンとシコクスミレの交雑種のナガバノシコクスミレ
     と思われるものも見られます。
      葉がシコクスミレの葉を長くしたような独特の形をしています。

                  ナガバノシコクスミレ(スミレ科)?
            菫ナガバノシコクスミレ130419三頭山 (7)S済

            菫ナガバノシコクスミレ130419三頭山 (3)T済、S済



      ナガバノスミレノサイシンの白花品が見られました。

                シロバナナガバノスミレサイシン(スミレ科)
            菫シロバナナガバノスミレサイシン130419三頭山 (60)S済



      あとは、エイザンスミレやフモトスミレなどです。

                     エイザンスミレ(スミレ科)
            菫エイザンスミレ130419三頭山 (4)S済



                     フモトスミレ(スミレ科)
            菫フモトスミレ130419三頭山 (9)T済、S済



                      タチツボスミレ(スミレ科)
            菫タチツボスミレ130419三頭山 (5)S済



      この他に見られたものは次回にいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。