スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南高尾方面のコミヤマスミレ

      5/9 南高尾方面にコミヤマスミレを見に行ってみました。

      昨年、群生していたところに行ってみましたが、今年は昨年ほどでは
     なく、しかも少し遅い状態でした。
      一昨年の群生地にも行ってみましたが、こちらではほとんど見られ
     ませんでした。
      やはり、すみれも毎年同じように見られることはほとんどないようです。
     時々群生が見られるのは、環境やその他の条件などが揃ったときなので
     しょうが、今年は高尾山ではヒナスミレがたくさん見られたようです。

                     コミヤマスミレ(スミレ科)
            菫コミヤマスミレ①130509南高尾 (16)S済

            菫コミヤマスミレ②130509南高尾 (16)S済



      ツボスミレの白花品をシラユキスミレというそうですが、今年も見られました。

                     シラユキスミレ(スミレ科)
            菫シラユキスミレ130509南高尾 (16)S済



      こちらはツボスミレ(ニョイスミレ)です。

                      ツボスミレ(スミレ科)
            菫ツボスミレ130509南高尾 (52)S済



      クワガタソウがあちこちに見られました。

                   クワガタソウ(ゴマノハグサ科)
            クワガタソウ130509南高尾 (2)s済



      タチガシワですが、風で揺れて大変でした。

                    タチガシワ(ガガイモ科)
            タチガシワ130509南高尾 (5)s済



      この時季のツチアケビの状態を見てみましたが、ちょうど芽が伸びてきた
     ところで、白いアスパラガスのように見えます。

                      ツチアケビ(ラン科)
            蘭ツチアケビ130509南高尾 (2)S済



      今年はすみれの花は早かったので、コミヤマスミレも早かったようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。