スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩川-1(ガガイモの実など)

      12/17 午後から多摩川の方に行ってみました。

      今の時季の多摩川では、ガガイモやノイバラ、イボタノキなどの実ものが見られると思い、
     行ってみました。

      多摩川では、数年前まではガガイモの実があちこちで見られたのですが、ここ数年はあまり
     見ることができなくなりました。
      今年も事前に確認できていたのは2ヶ所だけでしたが、実が割れて種子を飛ばしている今の
     時季は目立つのか、この日は何か所かで見ることができました。

                       ガガイモ(キョウチクトウ科)
               ガガイモ①131217多摩川昭島 (10)T済、S済

               ガガイモ③131217多摩川昭島 (6)T済、S済

               ガガイモ③131217多摩川昭島 (7)S済



      その他に見られた実ものは、ノイバラ、ヘクソカズラ、イボタノキ、などでした。

                          ノイバラ(バラ科)
               ノイバラ②131217多摩川昭島 (4)S済

               ノイバラ131217多摩川昭島 (2)S済



                        ヘクソカズラ(アカネ科)
               ヘクソカズラ131217多摩川昭島 (57)S済

               ヘクソカズラ131217多摩川昭島 (13)T済、S済



                        イボタノキ(モクセイ科)
               イボタノキ131217多摩川昭島 (11)T済、S済

三頭山のカメバヒキオコシの霜柱など

      12/14 この冬一番の寒さと聞いて時期が遅くなってしまいましたが、三頭山のカメバヒキ
     オコシに霜柱(氷柱)ができているのではないかと思い、行ってみました。

      三頭山では、高尾山で有名なシモバシラの霜柱は見られませんが、同じシソ科のカメバヒキオ
     コシがたくさん生えており、シモバシラ同様の霜柱(氷柱)が11月中旬頃から見られます。

      しかし、今回は12月中旬になっていましたので、やはり、少し遅く小さいものばかりでした。

                        カメバヒキオコシ(シソ科)
               カメバヒキオコシ氷柱131214三頭山 (7)S済

               カメバヒキオコシ氷柱131214三頭山 (20)S済



      カメバヒキオコシの花です。

                      カメバヒキオコシ(12.09.14) 
               カメバヒキオコシ120914三頭山 (18)S済



      クサボタンやボタンヅルの実が見られました。

                       クサボタン(キンポウゲ科)
               クサボタン131214三頭山 (7)T済、S済

               クサボタン131214三頭山 (9)T済、S済


      クサボタンの花です。

                        クサボタン(12.09.14) 
               クサボタン120914三頭山 (3)S済



                       ボタンヅル(キンポウゲ科)
               ボタンヅル131214三頭山 (4)T済、S済

               ボタンヅル131214三頭山 (3)T済、S済


      ボタンヅルの花です。

                         ボタンヅル(12.08.21) 
               ボタンヅル120821三頭山 (13)S済



      ルリビタキ(♀)が近くで見られました。

                           ルリビタキ♀ 
               鳥ルリビタキ♀131214三頭山 (6)S済

               鳥ルリビタキ♀131214三頭山 (9)S済

高尾山方面-3(返り咲きの花など)

      12/12 高尾山方面にキジョランの実を見に行ったときに、季節はずれの花(返り咲き?)
     も見られました。

      この時季になるといつも見られるのがすみれの花ですが、季節はずれのためか春の花に比
     べると、小さく、色も形もよくありません。
      しかし、何を間違えたのかこの寒さの中、ジッと耐えて咲いている花を見ると、何か愛おしさを
     感じます。

                       タチツボスミレ(スミレ科)
               菫タチツボスミレ131212高尾山 (85)T済、S済

               菫タチツボスミレ131212高尾山 (4)T済、S済


                         コスミレ(スミレ科)
               菫コスミレ131212高尾山 (89)S済


                        エイザンスミレ(スミレ科)
               菫エイザンスミレ131212高尾山 (95)S済



      アキノキリンソウやヤクシソウもわずかに残っていました。

                        アキノキリンソウ(キク科)
               菊アキノキリンソウ131212高尾山 (68)T済、S済


                         ヤクシソウ(キク科)
               菊ヤクシソウ131212高尾山 (72)S済



      こちらはトネアザミでしょうか。

                         トネアザミ(キク科)?
               菊トネアザミ?131212高尾山 (2)T済、S済



      こちらはイヌホオズキのようにも見えますがアメリカイヌホオズキでしょうか。

                         イヌホオズキ(ナス科)?
               アメリカイヌホオズキ?131212高尾山 (104)S済

高尾山方面-2(赤い実もの)

      12/12 高尾山方面に行ったときに見た赤い実ものです。

      今の時季は赤い実ものが多く目立ちます。

      今年はマルバノホロシやハダカホオズキなどがたくさん見られました。

                      マルバノホロシ(ナス科)
               マルバノホロシ131212高尾山 (6)S済

               マルバノホロシ131212高尾山 (13)T済、S済



                       ハダカホオズキ(ナス科)
               ハダカホオズキ131212高尾山 (35)S済

               ハダカホオズキ131212高尾山 (6)S済


      ヤマホオズキも見られました。

                       ヤマホオズキ(ナス科)
               ヤマホオズキ131212高尾山 (5)S済


      ツルギキョウの実はわずかに残っていました。

                       ツルギキョウ(キキョウ科)
               ツルギキョウ131212高尾山 (3)S済



      ミヤマフユイチゴは食べごろでしょうか。

                        ミヤマフユイチゴ(バラ科)
               ミヤマフユイチゴ131212高尾山 (34)S済



      こちらはサルトリイバラだと思いますが、新しい分類体系ではユリ科からサルトリイバラ科に
     変わったようです。
      新しい分類体系はまだよくわかりませんので、違っていたら教えていただけるとありがたいです。

                    サルトリイバラ(サルトリイバラ科?)
               サルトリイバラ131212高尾山 (19)T済、S済



      サネカズラやヤブコウジもたくさん見られました。

                       サネカズラ(マツブサ科)
               サネカズラ131212高尾山 (102)T済、S済


                       ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
               ヤブコウジ131212高尾山 (6)T済、S済



      イイギリも高いところにたくさん見られました。

                        イイギリ(イイギリ科)
        イイギリ131212高尾山 (122)T済、S済

高尾山方面-1(キジョランの実など)

      12/12 高尾山方面にキジョランの実などを見に行ってみました。

      紅葉はほとんど終わっていたのですが、まだ少し残っているものもありました。

               紅葉131212高尾山 (4)T済、S済



      昨年はあまり見られなかったキジョランの実が、今年はあちこちで見られ、ちょうど割れて白い
     冠毛のついた種子を飛ばしているものがたくさん見られました。

                       キジョラン(キョウチクトウ科)
               キジョラン131212高尾山 (5)S済

               キジョランL131212高尾山 (3)S済、T済


      アオツヅラフジやヤブムラサキの実なども見られました。

                      アオツヅラフジ(ツヅラフジ科)
               アオツヅラフジ131212高尾山 (22)S済


                       ヤブムラサキ(クマツヅラ科)
               ヤブムラサキ131212高尾山 (3)S済



      もうアブラチャンやダンコウバイなどの冬芽がはっきりしてきていました。

                        アブラチャン(クスノキ科)
               アブラチャン131212高尾山 (6)T済、S済


                         ダンコウバイ(クスノキ科)
               ダンコウバイ131212高尾山 (63)T済、S済



      こちらのバッタはフキバッタの仲間でしょうか、日だまりにいました。

                         フキバッタ?
               虫バッタ?131212高尾山 (69)T済、S済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。