スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山丘陵のすみれ

      3/29 狭山丘陵にフモトスミレを見に行ってみました。

      今年はすみれの開花も早いためフモトスミレもたくさん咲いていました。


                   フモトスミレ(スミレ科)
          菫フモトスミレ①130329狭山丘陵 (7)S済

          菫フモトスミレ②130329狭山丘陵 (5)T済、S済



      フモトスミレの花が純白で紫色のすじのないものをシラユキフモトスミレと
     いうそうです。

                 シラユキフモトスミレ(スミレ科)
          菫フモトスミレ白花130329狭山丘陵 (2)S済




      コスミレは少し遅かったのですが、あちこちに群生していました。


                     コスミレ(スミレ科)
          菫コスミレ①130329狭山丘陵 (8)S済

          菫コスミレ130329狭山丘陵 (2)S済




      タチツボスミレはよく咲いていました。


                   タチツボスミレ(スミレ科)
          菫タチツボスミレ④130329狭山丘陵 (113)S済

          菫タチツボスミレ④130329狭山丘陵 (3)S済



      タチツボスミレの白花品で距に紫色を残すものをオトメスミレというそうです。


                   オトメスミレ(スミレ科)
          菫オトメスミレ130329狭山丘陵 (2)S済




      タカオスミレやマルバスミレも見られました。


                    タカオスミレ(スミレ科)
          菫タカオスミレ130329狭山丘陵 (9)S済




                    マルバスミレ(スミレ科)
          菫マルバスミレ130329狭山丘陵 (5)S済

小下沢のすみれ

      3/21 小下沢方面にすみれを見に行ってみました。

      この冬は寒く、春の花の開花は遅れるのかと思っていたのですが、
     最近の暖かさでサクラが開花し、他の方のブログなどでもすみれの
     開花した記事が載っていたので、小下沢方面ではどうかと思い、
     行ってみました。

      やはり、すみれは咲いてはいましたが、少し早い状態でした。

      見られたすみれです。


                 ナガバノスミレサイシン(スミレ科)
          菫ナガバノスミレサイシン130321小下沢 (25)S済


          菫ナガバノスミレサイシン130321小下沢 (28)S済


          菫ナガバノスミレサイシン130321小下沢 (5)S済





                     エイザンスミレ(スミレ科)
          菫エイザンスミレ130321小下沢 (2)S済





                     マルバスミレ(スミレ科)
          菫マルバスミレ130321小下沢 (2)S済





                    タチツボスミレ(スミレ科)
          菫タチツボスミレ130321小下沢 (139)S済



      こちらはタチツボスミレですが花の色が濃く、葉に少し赤いスジが見えるようです。


                  アカフタチツボスミレ(スミレ科)?
          菫アカフタチツボスミレ?130321小下沢 (140)S済


南高尾のすみれ

      昨年の10月に、南高尾でたくさんのコスミレ(だと思った)の葉を見ていたので
     確認したくて行ってみました。

      昨年見たコスミレだと思ったすみれの葉です。

                   コスミレ(スミレ科)12.10.25 ? 
     菫オカスミレ121025南高尾 (3)S済



      昨年葉を見た場所に行ってみてびっくりしました。
      コスミレは全く見当たりません。見られたのはオカスミレでした。

      上記の昨年見た葉は、確かにコスミレでなくオカスミレのようです。
      思い込みは恐ろしいものですが、その代わりにオカスミレの群生を
     見ることができました。

                      オカスミレ(スミレ科)
     菫オカスミレ②130319南高尾 (15)S済


      オカスミレは、アカネスミレの花の側弁の基部以外が無毛のものですが、
      花の色の薄いものも見られました。


                       オカスミレ(スミレ科)
     菫オカスミレ②130319南高尾 (3)T済、S済



                       オカスミレ(スミレ科)
     菫オカスミレ②130319南高尾 (13)S済



      アカネスミレも見られました。


                    アカネスミレ(スミレ科)
          菫アカネスミレ130319南高尾 (5)T済、S済



      その他に見られたすみれです。


                    アオイスミレ(スミレ科)
          菫アオイスミレ130319南高尾 (3)S済



      ヒナスミレもよく咲いていました。


                      ヒナスミレ(スミレ科)
          菫ヒナスミレ130319南高尾 (12)S済

          菫ヒナスミレ130319南高尾 (13)S済



      ナガバノスミレサイシンは、あちこちで咲き始めていました。


                 ナガバノスミレサイシン(スミレ科)
          菫ナガバノスミレサイシン130319南高尾 (3)S済

          菫ナガバノスミレサイシン②130319南高尾 (5)S済



      タチツボスミレはどこででもよく見られます。


                   タチツボスミレ(スミレ科)
          菫タチツボスミレ130319南高尾 (6)S済



      他にはユリワサビやオニシバリが見られました。


                    ユリワサビ(アブラナ科)
          ユリワサビ130319南高尾 (3)S済



                    オニシバリ(ジンチョウゲ科) 
          オニシバリ130319南高尾 (4)S済



      今回の南高尾では、コスミレを見るつもりがオカスミレになってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。